修正申告を勧められた場合

修正申告を勧められた場合

s-1061-038A0234-Edit税務調査の結果、申告ミスや記入間違いがあると判断されると、調査官は納税者に「修正申告してください」と勧めてきます。

納得できるものであれば、当然修正申告に応じますが、納得できないときには修正申告に応じずに、更正の処分に回してもらうことも必要です。

もし調査結果に不満で、どうしても納得できない場合は、修正申告を提出せず、裁判を覚悟で税務署と交渉するという選択肢もあります。

修正申告書の提出は、異議申立ての権利を自ら放棄することですから、修正申告に応じるときは、充分に検討した上で応じます


税務署から税務調査の通知が来た どうしたいいのか分からない 税務調査緊急電話相談 初回の相談は無料でお受けします
税務調査立会・準備 完全対応サポート
お客様からの声 随時更新中です!ぜひご覧下さい