経営者と会社との金銭賃借

経営者と会社との金銭賃借


s-1061-038A0234-Edit税務調査では経営者から会社、もしくは会社から経営者の金銭の貸付があると、必ずといっていいほど注目されます

経営者と会社との金銭貸借がある場合は、次の3点についてチェックされます。

① 返済能力があるか
② 借入金の使途はどうなっているのか
③ 金利がどれくらいになっているか

なお、会社と会社の取締役との取引は、商法で自己取引となるため、取締役会の決議が必要となります。決議がない場合は、貸付が否認されることもありますので注意が必要です。

経営者と会社との金銭取引についての事前対策としては、以下の通りです。

① 資金の出所の明確化
② 金銭消費賃貸契約書の作成
③ 経営者の確定申告
④ 取締役会の決議書


税務署から税務調査の通知が来た どうしたいいのか分からない 税務調査緊急電話相談 初回の相談は無料でお受けします
税務調査立会・準備 完全対応サポート
お客様からの声 随時更新中です!ぜひご覧下さい