現況調査

現況調査

s-1057-038A0229-Edit

税務署が見てくるポイント

売上金の管理体制

対策

現況調査は、不正計算が想定される場合に行われる調査であり、多くの企業の場合は、必ずといっていいほどこの調査が行われています

事前対策としては、不正防止のチェック・管理体制を整備すること、現金管理、特に売上金の管理体制を整備することが必要となります。

以下のようなポイントをおさえる必要があります。

(1)売上金

売上金は、日々正確に記帳し、現金管理も日々整理し、現金有り高と帳簿残高、証憑書類から計算した残高をチェックし、一致しない場合は、その理由を解明し、適正な処理をする必要があります。

(2)現金有り高

日々の現金有り高をチェックしたときは、日計表や金種別明細表を作成し、年月日、時間、チェック者名を記入し、保存しておく必要があります。

(3)売掛

掛売上の請求書は、連番の番号が印刷された複写式のものを使用し、失敗したものも破棄せず、欠番がないように保存しておく必要があります。

(4)小口現金制度

小口現金制度を採用するなどにより、売上金から諸経費の支払をしないようにして日々預金し、売上金と預金預け入れ額とが容易に照合できるようにする必要があります。


税務署から税務調査の通知が来た どうしたいいのか分からない 税務調査緊急電話相談 初回の相談は無料でお受けします
税務調査立会・準備 完全対応サポート
お客様からの声 随時更新中です!ぜひご覧下さい