役員給与

役員給与

s-1057-038A0229-Edit

税務署が見てくるポイント

役員給与は事前の支払でしっかり対策!

対策

法人形態をとっている企業においては、役員給与が税金の計算上、控除できる損金になるパターンが2つに限定されています。
以下に2つのパターンを見ていきます。

(1)定期同額役員給与

これは、従来の役員報酬を損金にするための条件を明確化・厳格化したものです。
役員給与の支給については、以下の手続きを踏んで行うことになります。

●株主総会で役員給与の支給総額の決定(株主総会議事録・定款)
●取締役会で各取締役への支給額の決定(取締役会議事録)
●実際の支給

この手続きは、株主総会の開催が決算日から3ヶ月以内とされているケースが多いため、役員給与の変更も決算日から3ヶ月以内であれば認められます。

(2)事前届出役員給与

これは、事業年度が始まる前にこの先1年間の役員報酬の支給金額と支給時期を届出ておくものです。


税務署から税務調査の通知が来た どうしたいいのか分からない 税務調査緊急電話相談 初回の相談は無料でお受けします
税務調査立会・準備 完全対応サポート
お客様からの声 随時更新中です!ぜひご覧下さい