税理士紹介

税理士紹介

税理士 花田 一也

1973年 名古屋市東区に生まれる。
父は自営業 母は専業主婦 弟一人。
名古屋に住んでいる影響で大のドラゴンズファンになる。
小学生のころからドラゴンズの応援に球場へ行っていた。

1989年 名古屋市瑞陵高等学校へ入学。
バスケット部に所属。

1992年 名古屋大学経済学部へ入学。
数学・英語が得意でそれを生かせる仕事がしたいと思うように・・・。

学業と、学費のためのアルバイトに精を出す。

1996年 大手銀行の内定もあったが、迷わず会計事務所へ就職
自分で手に職をつけ独立して仕事をしたいと強く思っていた。

就職した事務所では、会計人としての基礎徹底的に叩き込んでもらえた。
それが今の自分の身になっている。

仕事をしながら夜間は専門学校へ通い5年かけて・・・

2000年 税理士試験合格。
登録・開業税理士として合同事務所に所属。
税理士としての実務をこなす。

得意分野は、法人税、資産税。
法人税では連結納税にも低価格で対応できるソフトを開発。
経営計画銀行融資対策にも非常に力を入れている。

>> スタッフ紹介ページはこちら

税理士 花田 直子

2002年  税理士試験合格
              簿記論・財務諸表論・法人税法・所得税法・相続税法

2003年  花田直子税理士事務所開業

2010年  合同会社葵パートナーズ設立

2011年  税理士法人葵パートナーズ
              代表社員税理士に就任

2013年  合同会社葵パートナーズ→
              株式会社葵コンサルティングへ組織変

 

税理士を目指したきっかけ

 幼い頃から自分で自立して生きていきたいと考えていました。働くことが大好きでした。就職する際に資格があるといいかな。。くらいの安易な気持ちでスタートした社会人生活でした。大学卒業と同時に名古屋市内の会計事務所へ入所しました。
 1年目は補助業務中心でした。仕事が終わると、専門学校に通い、365日税理士試験の勉強をし続ける日々でした。頭の中は、いかに勉強時間を確保するかでいっぱいでした。 ありがたいことに、入社2年目から法人・個人のクライアント様を多数担当させていただき多くの中小企業の現場へ訪問することができました。個人病院や、中堅の製造業など様々な現場で経理・財務業務がどのように進行し、結果出てくる会計数値はどのように作られているかを学んだ日々です。税理士事務所での会計業務であったため税務申告のための会計処理を徹底的に叩き込まれました。仕事と学業の両立は大変でしたが、ただ目の前のことをひらすらやり遂げるのは大好きだったので、途中でやめようと思ったり、自分が合格できないのではないかと考えたことは、ただの一度もありません。目標に向かって毎日を過ごしていたら、いつの間にか税理士になっていたという記憶です。

開業した経緯

 せっかくお世話になっていた会社でしたが、結婚し出産することになり、勤務を継続することが物理的にも難しくなったため退職しました。その時点で税理士試験は2科目合格していたので、試験勉強を続けました。法人税法の試験ではおなかが大きすぎて、字を書くのも大変な状況でしたがなんとか乗り切りました。二人の子を出産後、せっかく資格を取ったのだからと、何も考えず安易に28歳で開業しました。大きな看板をつくりましたが、お客様が全くいなく、開業してから3ヶ月は飛び込み営業をして、売上0円で1年目の決算を迎えました。銀行からの借入も断られました。そこから、子育てをしながら数年でお客様も偶然(全て偶然の運)でついてくださいました。

その頃の未熟な自分に会社の数字を預けてくださったお客様には感謝しかありません。

コンサルティング会社と税理士法人の設立 

 仕事が多忙になってくると同時に、経営コンサルテイング会社、税理士法人を設立しました。どの会社も最初資本金が2万円からのスタートでした。一番最初に社員になってくれたスタッフも、近所の知り合いからでした。そこから愚直に仕事だけをする日々を送り続け、会社が成長し以前よりもずっとたくさんのお客様・スタッフに出会えていることに感謝しています。
 会社を大きくする過程では、子供を放置している自分、周囲から「そんなに仕事ばかりして子供が可愛そう」「頑張って何になるの?」という言葉をたくさん受けてきました。周囲の方々にも子育てに関してはたくさん迷惑をかけたと思います。ですが、私の人生において仕事がとても重要であり、仕事を通じて人間的成長もさせてもらえたと思います。また、本当に社会のために価値を提供しているような尊敬できる方々と出会えたのも仕事のおかげです。子どもたちには寂しい思いもさせたかもしれませんが、20年近く経ち、今では「働く母がいい」「自分も社会に出てずっと働き続けたい」と言ってくれています。仕事ばっかりしていたな、と後悔することも一切ありません。こんなに 仕事を続けてこられたことが嬉しく、死ぬまで何らかの形で働き続けたいと思っています。

自社の目的と目標  

  グループでの売上目標はあるのですが、私自身には、売上をもっと大きくしたいという具体的な目標がありません。やるべき仕事が目の前にあるのなら、ひたすらやり続けるだけです。その結果として、売上が上がるのであれば良いと思います。 経営者としては利益を重視します。
 自分の贅沢のためだけに会社のお金を使うよりも新しい事業にお金を使いたいですし、遊びよりも勉強している方が心地よいです。 休みの日は本を読んだり、筋トレしたり、文章を書いたり、儲かってる企業を見に行ったりすることが好きです。 この仕事は、普通では見れないような会社の数字、個人の大切な資産を全て把握することになります。自分自身が正常な感覚を持っていなければ、お客様に良いアドバイスができません。また保守的でお金を使えなければ、経営者の皆様の気持ちに寄り添うことができません。 会社経営は、数字だけでは測れない部分も多く、人間的成長を
通してやっと社長の本意がわかったりします。なので、一生勉強ですし、勉強嫌いな人には向かない仕事だと思います。 逆に、人が好きで勉強が好きな人にとっては、天職になると思います。そんな、仕事や勉強が大好きな仲間とともに前向きに挑戦していくことが目的です。  

 

 

> スタッフ紹介ページはこちら

税理士 井脇 隆行

井脇先生

 昭和60年~平成25年
 名古屋中税務署・名古屋国税局査察部他、主に法人税調査事務に従事

 平成25年4月
 税理士登録

 平成25年~平成26年
 野田公認会計士事務所にて所属税理士として勤務

 平成26年~平成28年
 久納公認会計士事務所にて所属税理士として勤務

 平成28年7月~
 独立、井脇税理士事務所開業

 現在に至る。

 


【職務要約】

28年間、国税局及び税務署において、法人税、消費税、源泉所得税、間接税の調査事務に従事してまいりました。公務員最後は、税務署の法人税調査部門の統括官として部下職員の育成はもとより、調査選定、指示、復命及び進行管理を行っていました。
ほかにも、査察部において所得税、資産税及び法人税の悪質脱税者の摘発を経験していました。
なお、平成25年に施行された国税通則法改正による新調査事務手続きの職員に対する研修講師も担当していました。
平成25年3月公務員辞職後、平成26年7月15日まで、野田公認会計士事務所の税務チームマネジャーとして、法人及び個人のクライアントの往査及び部下職員の管理育成を行っていました。
平成26年より久納公認会計士事務所への勤務を経て、平成28年7月に独立。井脇税理士事務所を開業しました。

> スタッフ紹介ページはこちら


税務署から税務調査の通知が来た どうしたいいのか分からない 税務調査緊急電話相談 初回の相談は無料でお受けします
税務調査立会・準備 完全対応サポート
お客様からの声 随時更新中です!ぜひご覧下さい