美容業における税務調査のポイント

美容業における税務調査のポイント

税務調査は特定の会社や業種にのみ集中するものではありませんが、それでも対象になりやすい業種として一定の傾向を挙げることはでき、中でも美容業は比較的税務調査に入られやすい業種ということができます。美容業が税務調査の対象になりやすい理由として以下のようなことがあります。

美容業が税務調査の対象になりやすい理由

美容業が税務調査の対象になりやすい理由としては以下の理由が挙げられます。

・現金商売のため売上をごまかしやすい

美容室は基本的には現金商売であるため、記帳をせずにサービスを提供していないことにすれば、お客様から支払ってもらった現金だけが手元に残ることになります。
このような業種的に売上除外が起こりやすい業種は、税務調査の対象になりやすいのです。

・美容室の売上と経費の管理が仕組み化されていないことが多い

美容院の施術には、カット、カラーやパーマなど複数の種類があり、それの合算で売り上げとなりますが、売上管理の方法が定まっていなかったり、パーマやカラーの材料費管理がキチンと行われていないところも多く、スタッフによるごまかしも多い業種としてみなされています。

美容業における税務調査対策

・現金管理の適性性

美容業における税務調査対策は、日々の「現金管理」を適正に行うことにつきます。
①売上管理の漏れがないかを確認
②請求書・領収書の確認
③人件費・源泉所得確認
④店内規定(交通費・旅費規程)の確認
これらの確認作業を怠らずに行っていくことが、最善の対策ということができます。


税務署から税務調査の通知が来た どうしたいいのか分からない 税務調査緊急電話相談 初回の相談は無料でお受けします
税務調査立会・準備 完全対応サポート
お客様からの声 随時更新中です!ぜひご覧下さい